久し振りに?悔しい想い。。。

今回の大会は・・・
かなり力入っていました。

ぷらすのD1クラス。結果を出したかったです。
その為に9月から練習を積んで来ました。

『チーム』って意味を、『チーム』って言う本当の大切さを
私なりに考え受け止めて
今までとは違う気持ちで向き合って来ました。


今までは「オット&ぷらす」がチームであって
私は第3者的立場から冷静に見ていこうって思ってきたけど
結局冷静に物事を見る事が出来ず
アドバイスをしてたのではなく、難癖付けて、ダメだししてただけで
結局オットとぷらすの足をひっぱていた事に少しだけ気付き
それを改めて
「オット&ぷらす&私」と3人で1チームって考えて
実際はプレーしていなくても自分もフィールドに立ってるつもりで
練習に関わって来ました。
そうした事で今までとは違ったオットの態度も感じたし気持ちも感じました。
その成果が見受けられ私は今回の大会に期待を持っていました。


が。。。



1R目はそこそこだったと思えました。
ただ、いつもの練習のようにぷらすを気持ちよく走り切らせる所が少なかったけど
今シーズンでは一番の良い出来だったと思いました。
このままTFRの方もいつもと同じポイントを取ってくれれば
今回の大会はもしかしたらいい所を狙えるかもって感じていました。
でも、TFRは2ポイントで
私ははっきり言って目を疑いました。。。
ぷらすが2ポイントって???


一気に怒りが込み上げてきて
ぷらすに申し訳ない気持ちになっていました。
それでも何とか予選通過が出来て、その時点ではまだまだ入賞を狙えるかも?
って言うポイントでした。
1R目のフリーのポイントも今まででは最高のポイントをもらっていたので
私は「ぷらすなら行ける」って信じていました。


決勝ラウンドはそれ程風も無くあんなに崩れるほどの風ではなかったのに
1R目と比べたらボロボロの出来になっていました。
本当に悔しくて悔しくて、情けなかった。。。


今回は上位を目指して挑んだプレーだっただけに悔しかった。

オットの気持ちの脆さや弱さが表に出てしまった大会でした。

そして、やっぱり世界の舞台にたったトッププレーヤーの方や
強豪揃いの中でいつもプレーしてるプレーヤーの方々の気持ちの強さを
見せ付けられた大会でもありました。
そ~いった意味ではまだまだオットも私も経験不足で
気持ちが弱いな~って感じました。

決勝ラウンドに残っていながら1R目よりポイントを出せないなんて未熟だ~~
どんなに自分がそれなりのプレーをしたつもりでも
ポイントとなって出てくる競技なのでそれはしっかり受け止めて
これから又精進しなければって思った大会でした。



H&ぷらすチームはこれからもっともっと強くなって見せます。

そしていつか必ず『AWI』のフィールドに立ってぷらすで魅せてみたいと思います。


悔しい経験ばかりの大会でしたが
必ず・・・・・・



また、チームに磨きを掛けて前に前に進むのだ~~



f0141103_0273848.jpg

f0141103_0275391.jpg

f0141103_028646.jpg

f0141103_0281969.jpg

  今まで出来なかった切り返しのボルトもコンビネーションも随分完成度上がってきました




この写真はゼ~~ンブ『namimamaさん』が送ってくれたものです♪
[PR]
by m-papipupe | 2008-11-27 00:30 | ディスクのお話し
<< 明日に向かって走れ・・・ 3連休は犬三昧♪ >>